お知らせ

ICP2016ロゴ審査結果

(起案 ICP2016広報委員会 2011年9月19日)

要約 日本心理学会のHPなどを通じてアナウンスされたICP2016のロゴ募集に対して(締め切りは2011年8月31日)、46名の方から70作品の応募があった。2011年9月17日の第1回ICP2016組織委員会において第一次審査が行なわれ、その結果を受けてICP2016ロゴ審査委員会にて最終審査が行なわれ、最優秀賞1作品、優秀賞1作品、佳作5作品が選定された。各作品を下記に示す。

<最優秀賞>

瀧山愛(千葉大学工学部デザイン学科3年)様の作品

最優秀賞:瀧山愛(千葉大学工学部デザイン学科3年)様の作品

---
国際的な大会ということで、海外の方にも受け入れて頂きやすいよう、「日本」「横浜」をキーワードとしました。カラーは日本らしさをイメージしています。


<優秀賞>

Rachel Wu (Birkbeck, University of London) 様の作品

優秀賞:Rachel Wu (Birkbeck, University of London) 様の作品

---
Attached is my first submission for the logo design contest for ICP 2016. I hope you like the logo.


<佳作>

善本淳(NICT 音声コミュニケーション研究室)様の作品

佳作:善本淳(NICT 音声コミュニケーション研究室)様の作品

<佳作>

伊藤真利子(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心理学専攻)様の作品

佳作:伊藤真利子(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心理学専攻)様の作品

<佳作>

宇都宮誠(株式会社エーシー)様の作品

佳作:宇都宮誠(株式会社エーシー)様の作品

<佳作>

横地広海知(フリーランスデザイナー・WEBディレクター)様の作品

佳作:横地広海知(フリーランスデザイナー・WEBディレクター)様の作品

<佳作>

吉永晴華(立命館大学文学部人文学科総合プログラム)様の作品

佳作:吉永晴華(立命館大学文学部人文学科総合プログラム)様の作品

以上、入賞7作品でした。


国際心理学会議ICP2016のロゴ募集のご案内

概要:
2016年7月24日(日)~29日(金)に、第31回国際心理学会議(The 31st International Congress of Psychology: ICP2016)が横浜で開催されます。国際心理学会議はフラグシップ的な存在の最大規模の国際心理学会大会です。ICP2016の大会テーマ (congress theme)は 'Diversity in Harmony' に決まりました。つきましては、ICP2016のロゴを募集致します。ロゴは、ICP2016 大会テーマの理念・意義を象徴するだけなく、ICP2016の各種 の広報媒体、封書、便箋等にも広く使用されます。
入賞作品には、ICP2016実行委員会より賞状と賞金が出ます。最優秀賞は 5万円、優秀賞は 3万円、佳作(5作品)は 1万円です。原則として、最優秀賞の作品がロゴに採用されます。
応募資格:
日本心理学会の会員の方、心理学分野諸学会および関連学会の会員の方、一般の方、どなたでも。国籍等は問いません。
応募条件:
大会テーマを象徴し、作品中に、「ICP」 と 「2016」 の文字が両方入っていることが必要条件です。作品はフルカラーのデザインで結構ですが、グレースケールで用いられる可能性も考慮に入れて頂いたデザインがより望ましいです。
応募方法:
2011年8月31日(水)が締め切りです。
作品はデジタル情報(Adobe Illustrator形式、PDF、Microsoft Word形式、あるいは各種のビットマップ)のみとし、「ICP2016ロゴ応募」という件名を必ずつけて、電子メールにてこちら(jpa-web@psych.or.jp)までお送りください。油絵、水彩画、色鉛筆画等でも結構ですが、デジタルカメラで撮影したファイルを送って下さ い。応募の際には、氏名、所属、住所、電話番号、電子メールアドレスを電子メール本文に明記して下さい。電子メール以外の応募(郵送・持込等)は受け付けません。1名の方は3作品までご応募頂けます。
※応募された作品に関しましては、受付確認メールを送付しております。万が一受付確認メールが届かない場合は、お手数ですが、再度お問い合わせ下さい。また、添付ファイルの容量には制限がございますので、5MB程度よりも大きいサイズの作品をお送りになる場合は、ご相談ください。
審査方法:
ご応募頂きました作品は、 ICP2016組織委員会の意見集約を経て、ICP2016ロゴ審査委員会が決定します。
結果発表:
2011年9月末を予定しています。ICP2016のサイト上などで発表致します。
著作権について:
  1. ロゴに採用される作品(著作物)の著作権(公表権、同一性保持権、複製権、公衆送信権など)につきましては、ICP2016実行委員会に譲渡して頂きます。このため、応募作品中に他者の著作物の一部あるいは全部を含む場合は審査の対象外となります。著作権移転後も、原作者がどなたであったかというクレジットにつきましては、ICP実行委員会は尊重して取り扱い、原作者の同意がある場合には原作者名を適宜明示致します。また、次項で述べますように、採用以前に作品の改変の依頼をする、あるいは同意を求める可能性がありますが、採用後の作品の改変は原則として致しません。
  2. 入賞作品をロゴに採用する際、作品の本質を変えない範囲で、作品の改変をお願いする、あるいは改変の同意を求める場合があります。それに同意頂けない場合はロゴとしては採用致しませんが、入賞の取り消し等の不利益は原則としてありません。
  3. ロゴに採用された作品以外の作品につきましては、著作権の譲渡等の依頼をすることはございません。

大会のテーマ: Diversity in Harmony

(2011年6月17日(金)の第1回 ICP2016実行委員会にて決定)

以下の頁もご参照ください。

2012年のICPは南アフリカ・ケープタウンにて開催

2016年のICP横浜の暫定版HP