東日本大震災関連ページ
▼お見舞,励まし,メッセージ
このページでは、会員や会員以外の方からの被災された方に対するお見舞いや励ましやメッセージを載せています。内容は投稿された方の個人責任とさせていただきます。

被災地宮城県の会員より
2011年5月11日  
私は被災地宮城県仙台市に住む会員です。
報道では伝わらない被災者の心理的な負担を伝えたいと思います。
津波の影響を受けてない市街地でもまだライフラインが復旧していないところがあります。
間もなく一カ月。ライフラインの復旧のばらつきは復旧したとは報道されますが復旧できずにいる地域は把握しづらくなってます
よく聞く言葉は「沿岸部の方からすればこのくらいは・・・」とみんな我慢してます
我が家もガスがまだ復旧してません。

また建物が壊滅的に被害を受け営業または仕事ができない状態の会社が多数あります。よって、出勤できずにいる方が多いです。
その方たちの賃金がどの程度、またこの先の雇用がどの程度保証されるかが不安材料になっています。
反面、公務員、ガソリン、自転車屋、不動産業、リフォーム屋などの震災特需の恩恵を受けている会社の従業員の疲労は限界に近付いております。
不眠、焦り,など耳に入るようになってきました。休むことが許されずに、働いております。
この辺が業界を超えて、均等にならにものか・・・
私は今、職業的に心理学には携わっておりませんが、こういう状況もあるんだということをわかっていただけたらと思い投稿いたしました。
被災者が被災者を援助するには限界があるように感じます。
今後、一つ一つの不安材料が和らいでいくことを願わずにはいられません。

子供のケアの専門家は避難所にはあらわれつつありますが、大人の精神ケアも今後必要になる気がします。
今回のように誰も悪くないので、攻める場所がない状況も心理的圧迫につながっているように思われます。

つたない文面で失礼いたします。
Message from the International Association of Applied Psychology
2011年4月28日 投稿者:Jose M. Peiro
Dear prof, Fukuhara and Prof, Kyoko Noguchi, Board of Directors 2010-2014:

I am following with worry and sadness the development of the terrible situation in your country.
I want to express, on behalf of IAAP and personally, our best wishes for you and all your people.
I also want to convey to you our empathy and support, and our desire of a quick improvement of the situation.

Warm regards

Jose M. Peiro
President Elect and Acting President IAAP.
 
2011年4月14日 投稿者:認定心理士 笠井 徳子
いつもお世話になりありがとうございます。
お役に立てる情報かどうかわかりかねますが、千葉県の被災地より医療に携わる方々のためのケアを目的としたカウンセリングの要請がありましたので本日、うかがってまいります。
自分の家も倒壊し、被害を被っているのに、毎日病院を訪れる多くの患者さんのケアに疲労困憊しているとのことです。
戻りましたらまた可能な範囲での情報を提供させていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
現地での活動
2011年4月14日 投稿者:認定心理士 佐藤 靖子
仙台在住の認定心理士、佐藤靖子です。
スクールカウンセラーとハローワークで精神障害の方たちのジョブトータルサポーターをしています。
南三陸、歌津地区においてスクールカウンセラーをしていた経緯があり、3月30日から3回にわたって現地の中学校と「平成の森」という避難所を訪問しました。仙台でのカウンセリングを通した仲間たちとチームを作り、多少の物資を運んだり、現地ではマッサージをしたり、子供たちと遊んだり、お話を伺う程度の活動です。
避難生活が長引き、被災者たちには疲れと焦燥感がにじみ出ています。また避難所ごとにその様相も大分違うものがあります。
そろそろ学校も開始の方向ですが、名足小学校は浸水し、伊里前小学校と合同で5月9日から再開予定です。しかしまだ停電が続き、水もなく、多くの児童生徒は家を流されていて、どの程度の人数が揃うのか定かでありません。このような中、県の教育委員会は、4月20まで、児童生徒の心のケアを教師に任せる方針で動いています。各県や団体がチームを組み、現地の各避難所で医療を行い、心の毛には岡山医大があたっています。緊急の場合の支援的介入で、現場で働く皆さんも、大変な思いで頑張っておられます。
チームは同じ大学で、3〜5日ぐらいのローテーションを組んで行っています。避難所の中には勤務や住まいが仙台で、たまたま実家に帰っているときに、震災に会われ、そのまま避難所で看護師として働いている方もおられます。なんとか少しでもお力になりたいと努力しているのですが、現地には様々な団体が入り込み、統制が難しい状況です。
私達のチームも活動を控えてほしいという事を言われました。しかし現地の方たちの望むのは、長く関わってくれる人たちです。緊急の時だけでなく、これから長い心の回復までの道を共に歩んでいけるチームが必要だと切に感じます。私達のような個人の弱小チームでは力になれないのかと、残念に思っています。これから南三陸では、仮設住宅以外にも、地元から離れた場所への非難を、住民に呼び掛けていますので、人口がどのように変化していくのか予想がつきません。
地元の人たちと話していると、海が憎いという言葉とともに、海を愛する気持ちも伝わってきます。いったん地元を離れたにしても、また帰ってくる人も多せいいることでしょう。流動しながら、人々がゆっくりと回復し、町の再建をスタートしていく姿を、見守りたいです。
Letter from the European Federation of Psychologists' Associations
2011年4月14日 投稿者:Prof.dr. Robert A. Roe
EFPA(European Federation of Psychologists' Associations)からのお見舞い のメッセージです。

http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/Letter_to_the_JPA.pdf
Letter from President of Czech-Moravian Psychological Society
2011年3月25日 投稿者:Jaroslav Šturma
チェコ・モラビア心理学会からのメッセージです。
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/Czech-Moravian.jpg
Message from the Australian Psychological Society
2011年3月25日 投稿者:Lyn Littlefield
オーストラリア心理学会からのお見舞のメッセージです。
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/Australia.pdf
Message of Support from the Psychological Society of South Africa
2011年3月24日 投稿者:Emmanuel Tlou
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/JPA Message of Support.pdf
Condolence from the International Society for the Study of Behavioural Development (ISSBD)
2011年3月23日 投稿者:Wolfgang Schneider
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/Letter-President-JPA-22032011.pdf
 
2011年3月23日 投稿者:中国 福建師範大学 林
日本心理学会 殿
はじめまして、林と申します。中国の福建師範大学の福清分校の学部生です。
仙台の大震災を聞いて、中国人のわたしたちもお気の毒です。被災者の現状と被災地の復興に強い関心を持っています。被災者の方々、頑張って、きっとよくなってきます。
あたしは心理学の学生ですが、大規模の災害があった時被災地でいろんな心理問題がつい出てきたって存じます。
今回日本政府は被災者の心理援助のために、何の政策をしていますか。
Message from the 2011 Disaster Relief Committee Chairperson of the American Psychological Association's Division 56: Trauma Psychology
2011年3月22日 投稿者:Gilbert Reyes
Dear President of Japanese Psychological Association

I am writing to you in my capacity as the Disaster Relief Committee Chairperson of the American Psychological Association's Division of Trauma Psychology. I wish to express for myself and my colleagues in the American Psychological Association our sympathies at this terribly difficult time in your nation. I want you to know that I and the Division of Trauma Psychology will be pleased and honored to provide any assistance that we can. You need only ask. We have worked over the past many years to learn how we can support our colleagues in areas of our world that are affecetd by disasters, and although each situation has its own unique profile, there are some common aspects and methods that tends to help with building a common ground for effective collaboration.

I hope this message reaches you in a place of relative safety and security.

Gilbert Reyes, Ph.D.

2011 Disaster Relief Committee Chairperson of the American Psychological
Association's Division 56: Trauma Psychology

2011 President-elect of the American Psychological Association's Division 48: Society for the Study of Peace, Conflict, and Violence
Message from the Korean Psychological Association
2011年3月22日 投稿者:ChongNak Son
韓国心理学会からのお見舞のメッセージです。
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/JPA-KPA LETTER.pdf
Condolences from the American Psychological Association
2011年3月22日 投稿者:Merry Bullock
Dear President of Japanese Psychological Association and colleagues in the Japanese Psychological Association

We at the American Psychological Association send you our most heartfelt condolences and empathy as Japan begins to deal with the aftermath of the recent earthquake. We know that psychology can play an important role, both in promoting psychological first aid, and in developing strategies to address longer term psychosocial recovery.

In case it is useful to you, we wanted to alert you to online resources gathered and developed by APA that may be helpful as you plan your own responses. Some of the materials may be adaptable to a Japanese context. We have attached a number of documents. In addition, APA has developed an online resource, the Trans World Resource Network, as a repository of materials on disaster response. Access to this is explained at
http://www.apa.org/international/resources/disaster-clearinghouse.aspx

In addition, please do not hesitate to contact the APA Office of International Affairs (mbullock@apa.org) if there are any specific ways in which APA may be of assistance.

Personally, and on behalf of APA, we send you our vey best in these difficult times.

Sincerely,

Melba Vasquez, PhD
2011 President, APA
Norman B. Anderson, PhD
CEO and Vice President, APA

Merry Bullock, PhD
Office of International Affairs

Helpful links
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/3 APA/Helpful links - Feb 2011.doc

Listen, Protect, and Connect
(PSYCHOLOGICAL FIRST AID FOR CHILDREN, PARENTS, AND OTHER CAREGIVERS AFTER NATURAL DISASTERS)
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/3 APA/Listen, Protect and Connect.pdf

TAKING CARE OF YOUR EMOTIONAL HEALTH After a Disaster
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/3 APA/TakeCareEmotionalHealth.pdf

Global Disasters:Helping Children Cope
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/3 APA/Helping children cope.pdf

After a Loved One Dies. How Children Grieve
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/3 APA/Grief Guide.pdf

APA Statement on the Role of Psychologists in International Emergencies
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/3 APA/APA Statement on the Role of Psychologists in International Emergencies.doc

Iasc Guidelines on Mental Health and Psychosocial Support in Emergency Settings
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/3 APA/guidelines_iasc_mental_health_psychosocial_june_2007.pdf
Message from the Indonesian Psychological Association
2011年3月22日 投稿者:Retno Suhapti
Dear President of Japanese Psychological Association

On behalf of the Indonesian Psychological Association please allow me to extend our deepest sympathy to all of our colleague in japan. The magnitude of the disaster was truly beyond our comprehension but yet somehow we do believe that the people in Japan will show their resilience and your institution will play an important part in rebuilding lives of the people in the affected areas. Please let us know should we can lend a hand to ease a bit of your burden as we have faced the same situation in 2004.

once again, you are constantly in our thoughts and prayers at this most dreadful and challenging of times.

kind regards

Retno Suhapti
Message from the 30th International Congress of Psychology
2011年3月22日 投稿者:Saths Cooper
Dear President of Japanese Psychological Association & JPA Colleagues

It is with shock that we've watched the terrible events unfurl around the devastating earthquake and consequent tsunami in your country. Our thoughts are with you at this trying time, and we trust that you and your loved ones are safe. The Council of the Psychological Society of South Africa which is currently meeting has expressed solidarity with the JPA and the people of Japan.

Please take care!

Saths Cooper, PhD
President: 30th International Congress of Psychology
Message from the Chinese Psychological Society
2011年3月22日 投稿者:Kan Zhang
Dear President of Japanese Psychological Association

I, and we, fully understand the very difficult situation right now in the earthquake regions.

Chinese Psychological Society had a standing committee meeting yesterday moring and decided to do whatever we can do for Japanese people by psychological meanings. We have a gourp of more than 10 faculty members of psychology graduated from Japanese universities, they are all prepared to go to Japan in person at any time and the society reported this to Chinese Government four days ago and hope to be supported by the government for visas and airways. At the same time, Chinese psychologists already got in touch with our Japanese psychological friends who came to China in 2008 for psychological work after the earthquake to support Japanese psychologists work right now in Japan.

At the same time, we decided to establish a digital data bank including all of our members who can do the psychosocial work after disasters since China itself is with many disasters almost every year. We hope to cooperate on psychological help and intervention after disasters with Japanese psychologists.

Pls bring our wholeheartedness concern to Japanese Psychology and Japanese People. We are always with you. For those happened to move to China at this time, we will move our people to support their stay in China. Just keep us informed. We have no problem at all to do so.

Japan is a great country with great people. we firmly believe without any doubt that your country will recovery soon.

Bests wishes!

Kan Zhang, Past President of the Chinese Psychological society, VP, IUPsyS

Yufang Yang, President, Chinese Psychological Society

Jianxin Zhang, Director, International Collaboration Committee, Chinese Psycholocial Society
Message from the Australian Psychological Society
2011年3月22日 投稿者:Bob Montgomery Laurel Morris
オーストラリア心理学会からのお見舞のメッセージです。
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/KShigemasu re support for survivors 210311.doc
Message from the International Union of Psychological Science
2011年3月22日 投稿者:Pierre L.-J. Ritchie
国際心理科学連合(IUPsyS)からのお見舞のメッセージです。
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/file/JPA support letter 110321.pdf
 
2011年3月22日 投稿者:認定心理士 内海和子(宮城県亘理郡亘理町)
情報の提供、ありがとうございます。
このたび、認定心理士に認定された内海和子と申します。
住所は、宮城県亘理郡亘理町です。
自宅は大丈夫ですが、山元町(海岸近く)の姉夫婦宅が津波で崩壊、車も流され、飼い犬も死にました。
その日は、知人の好意で知人宅に宿泊、翌日から私宅に避難、共同生活を始めています。
山本町の近所の人も班の世帯の多くがなくなりました。

私の今していること:
1. 発生当日 近所の母娘、飼い犬に宿泊と食事の提供。
2. 食料、水の提供。
   入浴のサービス。
   少ない食料をあげたり、いただいたり。
   近所の人みんなで助け合っています。
3. 姉のつれあいが眠れない、うつ状態なので、適切なケアが必要と考えています。
4. ガソリンの情報を得るのが日課です。
   ガソリンがないので、小回りがきかない。
5. 日ごとに疲労感が大きくなってきますので、互いにいらだってきました。
  以上とりあえず、当方の近況まで。

(3月23日(水)追加)

当方の情報、早速とりあげていただき、ありがとうございます。
その後、水道の件は正常時に戻りました。
飲み水使用可、となり、井戸水をもらいに来る人もなくなりました。
お風呂のサービスも終りました。

山元町の災害被害状況の報道が遅く、被害の大きさが知らされるのが大幅に遅れたようです。

災害時の津波避難勧告の防災無線が壊れていたとかで、解らなかった人も多く、高齢者の逃げ遅れも被害を大きくしたようです。

村井宮城県知事は、他県への一時移住をお願いしたいと言っています。
姉夫婦はインターネットで京都の募集を知り、取り敢えず、電話で申し込み、明日京都に向かう計画でおります。
昨日、私の檀家になっているお寺、観音院住職のお話によりますと、遺体安置所から移されてくる遺体を引き取り手のわかる方と、不明の方にわけ、わかる方は、取り敢えず土葬、わからない方は無縁仏として仏事をおこなうと、シャベルカーで遺体埋葬の穴を掘っていました。二百体近く23日にくるので、急いでいる、とのことでした。その際、役場の人の仕事の遅いのにあきれて、もっと迅速にしてほしい、とハッパをかけてきた、といっていました。姉夫婦も毎日役場に行きますが、新しい情報がなく、焦っているようです。家の周りは瓦礫の山、これはどうすればいいのか、自分でも解らない、と嘆いています。
姉夫妻宅の近所でもなくなった方が多く、ショックを受けています。
辺りはまるで無人の荒野、と瓦礫の世界だそうです。
使える物を少しでも、と持ち帰ったものを洗ったり、洗濯して、協力しています。
お見舞い申し上げます
2011年3月18日 投稿者:日本心理学会 理事長 繁桝算男
被災されている方に心からお見舞いを申し上げます。

言葉だけのお見舞いは無力であるというご意見もあるかもしれませんが、言葉の力は時にとても大きいと思います。このコーナーへの皆様のご投稿がそのような力になればと願っております。

本日18日に、地震発生から1週間経過しました。さまざまな困難の中で、被災者のかたには、「将来を見るより仕方がない」、と前向きな姿勢の方がおり、頭が下がる思いがいたします。

日本心理学会として、被災者の方々の支援をしたいと願い、できることを実行し、また、長期的視点を持ってこの未曽有の災害からの復興の助けとなるよう努力していきたいと思います。

繁桝算男(日本心理学会理事長)
 
2011年3月18日 投稿者:福岡女学院大学 奇 恵英
みなさま

数十万人のいのちが失われ、脅かされ、日本の未来に限らず、世界の未来が揺らぐ世界的な大惨事の前で、言葉を失いました。
その中で、テレビを通し、インターネットを通じて、凛々しく、慎ましく、毅然と生きる被災者の方々一人一人の顔が見え、それを応援する日本の方々一人一人の声が聞こえます。
悲惨極まりない状況で、世界の人たちがその顔に、その声に人の心の力と生きることの希望を見出しています。
長い時間がかかると思いますが、その時間の間今の日本人の心を強く保ち、その心の力を持って乗り越えることができれば、復興のその時、日本は憎しみ合い、奪い合う世界を変え、地球の未来に希望を与える世界最高の国になることを信じています。
私にできることはまず、私と出会う若い人たちにこの気持ちを伝えること、その学生達が日本の力になるように育てること、そして共に働くみなさんとできる限りの力を合わせることと思っています。
現在義援金運動、福岡の県営住宅等に被災者の方々を受け入れたときの支援体制の検討等を仲間と行っています。
世界のために、これから生まれる新しいいのち達のために、頑張って下さい、日本!頑張って下さい、東北!
私も頑張ります。隣人である韓国のみんなも応援しています!

韓国の仲間として
福岡県臨床心理士会の一員として
福岡女学院大学心理学科の教員として
奇 恵英
 
2011年3月18日 投稿者:NPO法人いじめ対策プロジェクト理事長 徳丸洋子
被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。不便な避難所生活にストレスを感じ、ご苦労もあるかと思いますがどうぞ希望を持って、お過ごし下さい。皆様の一日も早い復興を願っています。

こどもたちへ

こわかったね
くるしかったね
いたかったね
おなかがすいたね
さむかったね
ほんとうによくがんばったね
きみはひとりぼっちじゃない
せかいじゅうのみんながおうえんしているよ
きっと
きっと
だいじょうぶ
みんな
ずっとずっときみのみらいをおうえんしているよ
だから
きぼうをもって
いきていってね

NPO法人いじめ対策プロジェクト理事長
日本心理学会会員
徳丸洋子
 
2011年3月18日 投稿者:筑波大学 梅田知子
はじめまして。
4月1日から仙台市職員(心理職)として働くこととなっております,筑波大学大学院博士前期課程2年の梅田知子と申します。
この度は,温かいメッセージと有益な情報をありがとうございます。
被災地での臨床的ケアについて,これから被災地へ入る者として大変参考になりました。このページの情報について,仙台市の新規採用予定者の間で情報を共有させていただきたいと思います。このようなまとまった情報共有のページを作っていただいたこと心より感謝申し上げます。
これを活かし,仙台市の復興に努めたいと思います。
 
2011年3月18日 投稿者:高橋 美帆
情報ありがとうございます。

神奈川県藤沢市で学童保育所の指導員をしております。
子どもたちの多くは下校中に11日の地震を体験し、その後、毎日の停電・原発事故への保護者の不安等重なっておりますので、児童対応にとても参考となる資料をいただきました。
お礼申し上げます。
 
2011年3月18日 投稿者:仙台在住 大学生
日本心理学会様

突然のメールで失礼します。
私は仙台在住の大学生です。

この度メールをしたのは以下のようなことをお伝えしたかったからです。

本日私は避難生活をしている方のサポートの為、仙台市宮城野区内のとある小学校に行ってきましたが、そこで私が特に感じたことが被災者の“心理的なケア”の必要性でした。

体育館の端に一人でずっと座っている中学生の少年がいましたが、彼は避難所で5日ほど、ほとんど誰とも口をきいていないようでした。
他のスタッフの話によりますと、彼は石巻市から震災後避難してきて、ご両親とは未だ連絡がついていないようです。

当然のことながらショックはとても大きいようで、誰とも話すことなく避難生活を送る彼を見て、私は今後彼の心に残る心理的ダメージに不安を感じたとともに、またそこで何もすることが出来ない自分の無力さを痛感しました。

行政やNPO団体などの支援によって、(地域・避難所間における格差はありますが)物資の供給は増えて参りました。
その一方で被災者の心理的・精神的なケアの為のサポートは依然進んでいないように感じまています。

このような事例は多くの避難所、被災者の中で見られることだと思いますし、このような時にこそ専門家の方の力が必要になるのではないかと私は思いました。

もし今回の震災をうけて、貴団体が既に何かしら被災者の為の活動を行われているようでしたら大変失礼します。
現時点における避難所の状況をみても、心理的サポートは物的支援と比べて軽視されてるように感じました。

私自身現時点で何も行動を起こすことが出来ませんが、心理学における第一線で活躍されている学会の皆様なら、被災者の心のケアの為のアクションを起こしていただけるのではと思いました。

長い文章になってしまいましたが、今回の震災をうけ、また私もかつて(多少ではありますが)心理学を学んだ学生としてこの状況を皆様にお伝えしない訳にはいきませんでした。
どうかお許しを願います。

どうか被災地で苦しむ人たちのために、わずかばかりでもよいのでサポートを宜しくお願い致します。
それでは失礼します。


以下に記載されている,「心の相談緊急電話 0120−111−916(フリーダイヤル)」のご利用をお勧めします。

心の相談緊急電話開設のお知らせ(2011年3月18日)
http://www.psych.or.jp/jishinjoho/003.html
 
2011年3月18日 投稿者:株式会社I.C.A. 代表取締役 田中 文(認定心理士)
このたび被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
震災によって亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々の一刻も早い救出と復興をお祈り致します。

弊社では、現在わたしたちに何が出来るか、どういう形で少しでも皆様のお役にたつことが出来るかを懸命に模索しています。
一日でも早く、穏やかな日常と笑顔が、皆様に戻りますように。

株式会社I.C.A. 代表取締役 田中 文(認定心理士)
 
2011年3月17日 投稿者:福岡女学院大学 奇 恵英
日本心理学会 殿

福岡女学院大学所属の奇恵英と申します。
このたびの大震災に胸を痛めている最中、貴学会の敏速な対応に感服いたしました。
緊急な対応であることと被災者の方々に向けての込みあがる思いで、少々荒い部分があるとしても、みんなが理解できるものですし、その本意と実際の行動が大事と思います。
長期にわたる復興への道が待っているので、貴学会におかれましても、数年を見越した長期的視野でぜひとも活動を続けて頂ければ、会員である私たちも一緒に力を合わせたいと思います。
特に隣人である韓国の者として、みなさまの苦しみに心をともにする一方、日本人のみなさんの心の力がきっとより希望のある未来を切り開くことを信じてやみません。
頑張りましょう。

福岡女学院大学人間関係学部
心理学科 奇 恵英

情報の投稿は,次のメールアドレスまでお寄せください。

↑トップへ戻る