研究会制度のご案内

心理学に関わる研究活動を支援するために,研究会への助成を行っています。心理学を専門とする者計10名以上が集まって申請し,承認されると「公益社団法人日本心理学会XX研究会」として活動することができます。

研究会には次のような条件や特典などがあります。

  • 募集は年1回行ないます。所定の申請期間内に,申請書,および研究会参加者名簿を日本心理学会事務局までご提出ください。
  • 研究会の会員が全員,日本心理学会の会員である必要はありません。
  • 助成金額は10万円以内です。使用目的としては,会場費,講師謝礼ならびに交通費,資料制作・印刷費に限ります。
  • 年1回以上の公開の研究集会を開催してください。大会時のシンポジウムでもかまいません。
  • 年度末には,成果報告書,会計報告書,助成金額の使用に伴う領収書の提出が必要です。
  • 助成期間は当年度の4月1日―3月31日です。翌年度も継続して研究会への助成を希望される場合には,研究集会等助成規程に基づき,新たに研究会申請書および研究会名簿をご提出ください。

2016年度 公益社団法人日本心理学会研究集会等への助成について

2016年度の公益社団法人日本心理学会研究集会等への助成申請を受付いたします。

申請は,2016年5月19日(木)締切(必着)です。

期日までに申請書(様式1)および研究会構成者リスト(様式2)を,日本心理学会事務局まで郵送またはメールにてご提出ください。

なお助成金額について,申請が大変多くなっていることから,減額となる可能性があります。

また助成金の使用目的は,以下の費目に限ります。

  • 会場費
  • 講師謝礼(研究会内部の方,および日本心理学会会員への支払は不可)
  • 講師交通費(研究会内部の方への支払は不可)
  • 資料制作・印刷費

申請が認められ,助成を受けた研究会の代表者は,2017年3月31日(必着)までに成果報告書(様式3),研究集会参加者リスト(様式4),会計報告書(様式5),助成金額の使用に伴う領収書をご提出ください。

※2015年度(昨年度)の募集要項は,こちらをご覧ください。

※ これまでに助成された研究集会は,こちらをご覧ください。